プラステンアップとアスミール※どっちが効果的?選ぶ決め手!

プラステンアップとアスミールどっちがいいの?効果的なの?どちらも同じ子供の健康・身長応援飲料ですが、何が違うか分かりますか?どちらを選ぶか悩んでいるならコレを基準に決めてください。対象年齢、価格、成分、味、口コミで比較しました!
MENU

プラステンアップvsアスミール 選ぶ決め手は年齢でした

 

プラステンアップとアスミール。
どちらも最近話題になっている身長応援飲料ですよね。

 

成長期に必要な栄養をサポートして身長アップに役立つという点では同じですが、自分の子どもに飲ませるのはどっちがいいか悩むところ。

 

そこで、プラステンアップとアスミール両方を試した管理人が「どちらがいいか?」を比較してみました。
結論からいうと、決め手は「年齢」です。

 

もし、あなたのお子さんが中学生以上ならプラステンアップ
小学生以下ならアスミールを選ぶのがいいですよ。

 

プラステンアップ

13歳以上ならプラステンアップ!

中高生の満足度No.1

栄養・睡眠でサポート!

 

 

アスミール

12歳以下ならアスミール!

ママタレ好感度1位!

1杯で80%補給!

 

 

 

 

 

【もくじ】

 

 

プラステンアップの特徴

 

 

プラステンアップは「中高生が選ぶ成長期応援サプリ」で1位に選ばれている健康応援飲料です。
12歳以上の中高生を対象としており、万能食とも言われるスピルリナや眠り草とも言われているクワンソウを配合。
身長を高めるのに重要な栄養面と睡眠面をサポートする栄養素が含まれています。
1日1杯で中高生が必要とする1日の栄養素をカバーできるのが特徴です。

 

>>プラステンアップの公式サイト

 

 

 

アスミールの特徴

 

 

アスミールは身長アップに大きく役立つといわれている話題のアルギニンや、たんぱく質やビタミンの吸収効率を高める亜鉛やプラセンタを配合しています。
味はココア味で牛乳に溶かして飲むタイプの健康応援飲料です。
1日1杯で成長に必要な栄養素の80%を補えるのが特徴です。

 

>>アスミールの公式サイト

 

 

 

 

プラステンアップとアスミールを比較!

 

プラステンアップとアスミールの気になる点を分かりやすく比較表にしてみました。

 

プラステンアップ アスミール
対象とする年齢

12歳〜16歳
(中高生)

1歳〜12歳
(離乳食終了〜小学生)

1杯で補える栄養 100% 80%
成分 砂糖、ミルクカルシウム、レモン果汁粉末、粉末還元水飴、コラーゲンペプチド、ギャバ、スピルリナ原末、クワンソウ粉末、乳酸菌粉末、ビフィズス菌末、オルニチン、シトルリン、α-GPC加工品等 亜鉛、アルギニン、プラセンタ、カルシウム、マグネシウム、ビタミンD、CCP、鉄 等
価格

初回:1,980円/1袋
通常価格:9,980円

初回:500円/1袋
通常価格:3,686円

レモン味 ココア味
安全性

・日本国内製造
・セシウム分析、
 残留農薬、食品分析
・国際基準をクリア

・国内原材料使用
・合成保存料、着色料、
 甘味料不使用
・日本国内製造
・放射能検査済み

定期購入条件 なし(即解約可能) 3ヵ月継続が必要
公式サイト http://plus10up.com/ http://asmile.red/

 

栄養価の面ではプラステンアップが有利です。
しかし価格面ではアスミールの方が手軽です。

 

つづいて各項目について詳しく見ていきます。

 

 

 

対象としている年齢

 

 

プラステンアップとアスミールの違いの中でもっとも大きいのが「対象としている年齢」です。

 

プラステンアップ 12歳〜16歳(中高生)
アスミール 1歳〜12歳(離乳食終了〜小学生

 

公式サイトに明確に「何歳〜何歳まで」とは記載されていませんが、記載されている年齢に関する記載やQAを見ると小学生以下を対象としているか、中高生を対象としているかで分かれます。

 

まず、この段階でお子さんが中学生・高校生であるならばプラステンアップ。
小学生以下であるならばアスミールと分けることができますね。

 

 

 

1日で補える栄養素

 

 

栄養は毎日摂らないといけないものですし、そのためにはプラステンアップもアスミールも毎日飲む必要があります。
そこでそれぞれの1日に補える栄養素を比較してみました。

 

プラステンアップ 100%
アスミール 80%

 

1杯で補える量としてはプラステンアップの方が優れているようです。
しかし、アスミールも1杯で80%とはいえ、残りの20%もよほど偏った食生活をしていなければ補える範囲になるでしょう。

 

 

 

成分の比較

 

 

身長を伸ばすためにもっとも重要なのはタンパク質ということが分かっています。
カルシウムも必要ですが、たんぱく質を中心に様々な栄養素がバランスよく配合されているのが理想です。
続いてプラステンアップとアスミールの成分を比較してみました。

 

プラステンアップに含まれる成分

 

アスミールに含まれる成分

 

もともとアスミールが1日に必要な栄養素の80%をサポートしているのに対して、プラステンアップは100%サポートしています。
そのためプラステンアップの方が栄養成分は優れています。

 

 

 

価格で比較

 

コース プラステンアップ アスミール

定期コース

定期購入
初回:1,980円/1袋
2回目以降:5,480円
※継続の条件なし

定期購入
初回:500円/1袋
2回目以降:3,686円
※3回の継続が条件

通常コース

通常価格:9,980円 通常価格:4,102円

 

価格はプラステンアップ、アスミールどちらも定期購入が圧倒的に安い設定です。
比較するとアスミールの方が価格が安く手に届きやすいですね。

 

ただし栄養成分はプラステンアップの方が優れていること、対象となる年齢がそれぞれ違うことを考えて選んだ方がよさそうです。

 

注意しないといけないのは定期購入の条件です。
下記でも説明しますが、アスミールの定期購入には3ヵ月継続という条件があります。
そのため最低3ヵ月は続けることを前提に選びましょう。

 

 

 

味で比較

 

 

プラステンアップ さっぱりレモン味
アスミール ココア味

 

どちらも味は1つです。
レモン味かココア味ですね。

 

プラステンアップのレモン味は飲んだ感想としては「うっすらレモンっぽい味」がするというところでした。
酸っぱくて飲めない!ということはありませんので、暑い時期などには特に飲みやすいかもしれません。

 

アスミールのココア味はサッパリ目のココア味でした。
ホットにして飲むのが特に美味しかったので、寒い時期には人気が出そうです。

 

 

 

安全性

 

 

安全性についてはやはり子供が飲むものですので、プラステンアップもアスミールも気を使っています。
どちらも国内の工場で製造されている点では共通しています。

 

副作用は過去にどちらも発生した、という声はありません。
しかしアレルギーについては注意が必要です。

 

アレルギーの発生原因となるもののうち、もっとも症状が発生しやすく重くなりやすいものを「特定原材料」といいます。
アスミールには原材料のうちの1部に「乳」「大豆」が使われています。

 

そのため乳、大豆にアレルギーがあるお子さんは控えた方がいいでしょう。
プラステンアップには特定原材料は使われていないので安心です。

 

 

 

 

プラステンアップとアスミール【選ぶ基準】

 

 

プラステンアップとアスミールを比較していきましたが、正直どちらもいい点、悪い点があります。

 

「プラステンアップとアスミール、何を基準に選んだらいいか分からない!」

 

そう思ったなら、1つの基準としてお子さんの「年齢」で判断するといいでしょう。

 

 

お子さんの年齢が13歳以上ならプラステンアップ

 

プラステンアップは中高生のための成長応援飲料です。
栄養価も13歳以上の中学生、高校生を基準に考えられています。
お子さんが中学生以上ならばプラステンアップを選ぶといいでしょう。

 

 

>>プラステンアップの詳細へ

 

 

 

お子さんの年齢が12歳以下ならアスミール

 

アスミールは小学生までのお子さんを中心に考えられた成長応援飲料。
そのため栄養価も成長期の小学生を基準に考えられています。
お子さんが小学生までであれば、アスミールを選ぶといいですよ。

 

>>アスミールの詳細へ

 

 

 

 

プラステンアップを賢く買うならこの販売店!

 

 

プラステンアップは配合されている栄養素が多く、高品質なものが多いです。
そのため価格もじゃっかん他商品と比べて高めになっています。

 

「少しでも安く買いたい!」

 

そう思いますよね。
そこでプラステンアップがもっとも安く買える販売店を調査しました。

 

  価格 送料 ショップ

初回1,980円

2回目以降5,480円

無料

プラステンアップ公式通販サイト
(定期コース)

5,500円 無料

アマゾン

6,000円 無料

Yahoo!ショッピング

8,754円 無料

楽天

9,980円 600円

プラステンアップ公式通販サイト
(通常コース)

 

 

 

価格は公式サイトの「定期コース」で購入するのがもっとも安いです。
初回が80%引きなだけでなく、2回目以降も45%引きになるのが大きいですね。

 

定期購入といっても、○ヵ月継続という条件がないのもメリットです。

 

解約する際は次回発送の10日前までに連絡する必要がありますので、その点だけ注意しましょう。

 

>>プラステンアップを一番安く購入するなら

 

 

 

 

 

アスミールを賢く買うならこの販売店!

 

アスミールは多くのアスリートや芸能人、最近では小倉優子さんもキャンペーンに参加しているほど有名になっています。
今もっとも話題になっている成長応援飲料といってもいいでしょう。

 

アスミールは公式サイトで初回限定「500円キャンペーン」を行っています。
定期コースであれば2回目以降も割引購入できますので、こちらも公式サイトから購入するのがお得です。

 

楽天でも公式販売店が出品していますが、「まとめ買い」コースしかありません。
もっとも安く賢く買うなら定期コースで購入するのがいいでしょう。

 

ただし「3回継続」が条件ですので、その点だけ注意しましょう。

 

>>アスミールを一番安く買うなら

 

 

 

 

 

 

 

基本的に生活習慣病のはっきりとした病状が出てくるのは、中年から高年齢層が多いようですが、近ごろでは食生活の変化や生活ストレスなどの結果、若い年齢層にも起こっています。
生活習慣病へと導く日々のライフスタイルは、国や地域ごとに全然差異がありますが、世界のどんなエリアだろうと、生活習慣病が死へと導く率は比較的大きいとみられています。
いまの人々の食事内容は、蛋白質、さらに糖質が多い傾向になっているようです。こういう食事の内容を見直してみるのが便秘を予防するための手段です。
便秘の解決方法として、大変重要な点は、便意をもよおした時はトイレを我慢しないようにしましょう。我慢することが元となって、便秘を頑固にしてしまうみたいです。
大体、現代人は、基礎代謝がダウンしているばかりか、ジャンクフードやスナック菓子なんかの摂取に伴う、糖分量の過剰摂取のせいで、栄養不足という事態になるそうです。
食事をする分量を減少させてしまうと、栄養が足りなくなり、冷え性になってしまうそうで、身体代謝能力が下がってしまうから、なかなか減量できない身体になるかもしれません。
私たちの健康を維持したいという願望から、いまの健康ブームは広まってTVや新聞などで健康食品や健康について、多数の記事や知識が解説されるようになりました。
総じて、栄養とは大自然から取り込んだ雑多なもの(栄養素)を原料として、分解や結合などが繰り返される過程において作られる生命活動などに欠かせない、ヒトの体独自の成分要素のことを意味します。
視力回復に効き目があるとと評されるブルーベリーは、様々な人に支持されて食されているのだそうです。老眼の対策にブルーベリーがどの程度作用するのかが、認知されている表れでしょう。
サプリメントは生活習慣病になるのを防御する上、ストレスに勝つ体を作り上げ、その影響で疾病を治癒させたり、状態を良くする力をアップさせる活動をすると言われています。
一般的にタンパク質は内臓、筋肉、皮膚に至るまであって、肌の整調や健康保持に力を使っているようです。日本では、加工食品、そしてサプリメントとして販売されているそうです。
目に関わる健康について調査したことがある人がいれば、ルテインの機能は聞いたことがあると想定できますが、「合成」「天然」という2つのものがある点は、それほど知れ渡っていないようです。
アミノ酸は通常、身体の中に於いて個々に独自的な機能を担うばかりか、アミノ酸が緊急時の、エネルギー源にチェンジすることがあるみたいです。
ビタミンは人体では作るのは不可能で、食料品などとして摂ることをしなければなりません。欠けてしまうと欠乏症といったものが、過度に摂りすぎると過剰症などが発症されるということです。
効果を上げるため、内包する要素を純化するなどした健康食品ならその効力も大いに望まれますが、その一方で副作用についても顕われる存在すると考えられているようです。

 

合成ルテインは一般的にとても安いであることから

「便秘だから消化が楽にできるものを摂っています」というような話を耳にしたことはありますか?たぶんお腹に負担を与えずに済むに違いありませんが、しかし、これと便秘自体は関連していないようです。
合成ルテインは一般的にとても安いであることから、いいなと考えるかもしれませんが、ところが、天然ルテインと比べたらルテインが入っている量は相当少量傾向になっているので、気を付けましょう。
人の身体はビタミンを生成できないため、食料品などとして摂ることが必要です。不足してしまうと欠乏症などが、摂取が過ぎると過剰症が出ると知られています。
スポーツして疲れた体などの疲労回復や肩コリ、体調管理のためにも、入浴時にお湯にゆっくり浸かったほうが良く、加えて、マッサージしたりすると、とても効能を期することが可能だそうです。
現代に生きる人々の健康を維持したいという願いから、今日の健康指向が広がり、TVや専門誌、ネットなどで健康食品などにまつわる、いくつものインフォメーションがピックアップされています。
13種類のビタミンの仲間は水に溶けるものと脂溶性タイプのものの2タイプにカテゴライズされるということです。13の種類の中から1種類が足りないだけで、肌の不調や手足のしびれ等にダイレクトに関係してしまい、ビタミンの存在の大きさを意識することになります。
便秘を良くする食事の在り方とは、良く言われることですが、たくさんの食物繊維を摂取することに違いありません。一概に食物繊維と呼ばれるものですが、そんな食物繊維には多数の品目があって驚きます。
安定しない社会は”未来への心配”という別のストレスの種類を増大させ、多くの日本人の普段の暮らしを追い詰める理由となっているだろう。
サプリメントの服用によって、生活習慣病を妨げるほか、ストレスに影響されないカラダを保持でき、その影響で疾病の治癒や、状態を快方に向かわせるパワーを向上させる働きをすると聞きます。
健康食品と言う分野では、普通「国の機関が指定された効果に関する表示等について認可した製品(トクホ)」と「認可されていない商品」の2つのものに区分けされているようです。
視力回復に良いと認識されているブルーベリーは、たくさんの人に人気があって愛用されていると聞きます。老眼の予防対策としてブルーベリーがいかにして効果を見せるのかが、認められている表れかもしれません。
タバコやウイスキー、ワイン等のアルコールは多くの大人に好まれているものですが、節度を持って接しないと、生活習慣病に陥ることもあり得ます。近ごろは国によって喫煙を抑制する動きが活発になっているそうです。
ルテインは疎水性だから、脂肪と一緒に体内に摂取すると効果的に吸収できるそうです。ところが肝臓機能が本来の目的通りに作用していない場合、効き目はあまり期待できないことから、適量を超すアルコールには留意して下さい。
人が生きていく以上、栄養を取らねば死にも至りかねないというのは周知の事実である。いかなる栄養が不可欠であるかというのを学ぶのは、大変難解なことだ。
傾向として、先進諸国の住人は、身体代謝が劣化しているというばかりか、さらにはファストフードなどの食べ過ぎに伴う、糖分の過剰摂取の原因につながり、逆に「栄養不足」になるそうです。


更新履歴
このページの先頭へ